下北沢駅東口1分、世田谷区で人気のさんぽ整体院。姿勢改善・骨盤矯正・産後ケア。肩こり、腰痛、頭痛、関節痛。症状に合った整体を処方。

世田谷区で口コミで話題のさんぽ整体院の画像

世田谷区で口コミで話題のさんぽ整体院の画像

股関節矯正について

HOME > 情報 > 股関節矯正について

股関節についての説明


 股関節とは?

股関節とは、人間の体重を支え、立ったり、歩くなどの移動を行う上で大切な関節です。
また人間の体を上半身と下半身で分けた時に筋肉の割合は3:7となります。下半身の7割の筋肉が付いていて、股関節の周りには体の中で一番大きな大臀筋(お尻の筋肉)や大腿四頭筋などの大きな筋肉が集中して集まっているのが股関節になります。
 
例えば、股関節に障害があると動きが悪くなり、歩く時などに痛みが出て、日常生活がたいへん不便になります。股関節が動かせないということは、下半身が使えず、体の7割の筋肉が上手く動かせないことになります。つまり、筋肉量の低下、血液循環が悪くなる、腰痛、ホルモン分泌の低下、代謝の低下、冷え、むくみ、疲れ・だるさ、尿漏れ…etc.などの諸症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。
あなたの股関節は大丈夫ですか?
【チェック方法】
①仰向けに寝ます。
②腿を抱え胸の方に引き寄せます。
③腰の方に違和感や股関節の前に違和感があれば、あなたは股関節を調整した方が良いです。


一度確認してみましょう!
 

 股関節の構造

股関節は、球関節(きゅうかんせつ)(ボールと受け皿の関節)として知られており、大腿骨(だいたいこつ)(太ももの骨)の丸い骨頭(こっとう)(ボール)が骨盤の臼蓋(きゅうがい)(受け皿)に組み合わさってできています。
ボールと受け皿の表面は軟骨でおおわれ、股関節のまわりは筋肉や腱に囲まれて補強されています。 こうした組織が股関節を支え、安定した動きを与えています。股関節は球関節なので肩と同じように自由に360度自由に動かすことが出来ます。股関節が自由に動けるから、下半身はダイナミックに動きができるのです。つまり、股関節の自由さがなくなればなくなるほど足の動きは悪くなってしまいます。

 

 
骨盤矯正から姿勢矯正

 股関節矯正が『慢性腰痛改善』に必要な理由

股関節周囲には、大きな筋肉が密集して付着してしまいます。下半身に全体の70%の筋肉がついていて、 股関節周囲に大きな筋肉が集中して集まっています。つまり、股関節が上手く動かせないということは、体の半分位の筋肉をしっかりと動かせてないのと同じような状態になっているということです。筋肉の表面や中に筋膜は存在しています。つまり、筋肉が硬くなると、同様に 筋膜も癒着したような状態になってしまいます。

筋膜は一枚の布で身体を覆っている全身がタイツのような構造で身体を包んでいます。その布のどこかが伸び縮みしなくなると、全体が繋がっているので、他の箇所に負担がきてしまい、痛みや硬さを生み出してしまいます。
 
例えば、股関節の後ろにあるお尻の筋肉は腰痛と非常に関わりが深いです。筋膜のバックラインというものでお尻と腰が密接に繋がっています。お尻に硬さがあるとバックラインの繋がりから腰の方へも常に負担をかけているような状態になります。本来、前かがみ(前屈)をすると腰やお尻の筋膜は伸びて、軽やかに前かがみの動作をすることが出来ます。しかしお尻の筋膜が硬くなってしまうとお尻は伸びることが出来ずに、腰だけが頑張って動かなくては行けなくなってしまいます。そうすると、腰に過剰な負担がかかってしまい、慢性腰痛の原因の一つになってしまいます。
 
慢性腰痛は、下半身の大きな筋膜が硬く動けなくなってしまい、結果として腰だけが頑張りすぎて起こってしまっていることが当院で多く見受けられます。本来、腰の骨はあまり動ける構造ではありません。他と連動して動くことで、後ろに腰を反ったり、前に身体を倒したり、ひねったりできるのです。しかし、運動不足や不良姿勢により下半身の大きな筋膜が硬くなってしまうと、身体を動かす時に腰が無理にでも動かなくてはいけない状態だから、いつも腰に負担をかけ、結果として 腰痛を引き起こしているのです。
股関節矯正で身体の大きな筋膜を矯正して動ける身体と慢性腰痛を変えていきませんか?
 

 

筋膜と骨盤矯正の世田谷区下北沢さんぽ整体院/電話番号
世田谷区で人気の筋膜矯正はコチラ
世田谷区で人気の骨格矯正はコチラ
世田谷区で変わる小顔矯正はコチラ
世田谷区で唯一の股関節、ひざ痛の専門コースはコチラ
下北沢さんぽ整体院の症状一覧はコチラ
世田谷区で人気の整体院のブログはコチラ
プロのトレーナーが教える、腰痛改善ストレッチ動画はコチラ
下北沢さんぽ整体院のLINE登録はコチラ